今すぐ商品を見るなら
click
ご予算/サイズ/素材から探せます
泉大津

全国の毛布の90%以上を
生産する毛布の産地
泉大津とはどんなところ?

panhu 大阪府の南部に位置する泉大津市とその周辺では国産毛布の90%以上が生産されており、泉大津市は全国No1の  生産量を誇る”日本一の毛布のまち”です。

毛布の投げ売り合戦。好景気が招いた戦後最大のピンチ


●毛布のはじまり ●種類と特長 ●取扱い方法 ●毛布ができるまで ●オモテ・ウラばなし

毛布の投げ売り合戦。好景気が招いた戦後最大のピンチ

 好事魔多し、とはよく言ったもので、順風満帆に見えた泉州毛布産業界にも、好景気ゆえの魔がひそんでいました。
増産につぐ増産は、機械を増やし工場数を増やしていきましたが、これらの増えた工場はすべて、といっていいほど、家族の労働力に頼る、機械二、三台の零細下請工場。しかも、使われている織機は登録されておらず、生産計画の立てようもなく、混乱に拍車を招く結果に生んでしまいます。
昭和三十六年に五百台の無登録織機が三十七年には一千台、三十八年には二千台に増えていったと見られています。三十八年の登録織機が三千台ですから、三台に一台は無登録機というわけです。一台の織機の年間毛布生産量が約四千五百枚で、総生産数が二千五百万枚。当時の毛布総需要が二千万枚ですから、数字の上からでも深刻な過剰生産時代をみることができます。
それが表面化したのが三十八年の秋冬と三十九年にかけてです。
毛布は半値をきり、乱売合戦がくり広げられ、一方、工賃ダンピングは零細下請工場を直撃し、戦後最大の苦境を迎えるのです。

-前のページに戻る-

日本毛布工業組合
〒595-0025 大阪府泉大津市旭町22番65号