今すぐ商品を見るなら
click
ご予算/サイズ/素材から探せます
泉大津

全国の毛布の90%以上を
生産する毛布の産地
泉大津とはどんなところ?

panhu 大阪府の南部に位置する泉大津市とその周辺では国産毛布の90%以上が生産されており、泉大津市は全国No1の  生産量を誇る”日本一の毛布のまち”です。

疎開や復員兵によって広まった毛布の便利さ。


●毛布のはじまり ●種類と特長 ●取扱い方法 ●毛布ができるまで ●オモテ・ウラばなし

疎開や復員兵によって広まった毛布の便利さ。

すべてを焼きつくし、破壊しつくして、突然に戦争は終わります。泉州の毛布産業も、六十年の伝統と栄光が共に灰燼に帰した昭和二十年、もう、だれもが再起不能と思いました。

しかし、幸運なことに、ghqからタイ向けに輸出毛布を受注したのをきっかけに、荒廃した設備は急速に整備され、離散していた人材は、再び泉州に戻ってきたのです。

そして、昭和二十四年、これまで統制品になっていた原毛などが、解除されると、おりしも衣料品不足の国民生活に、砂が水を吸い込むように、毛布が吸収されていったのです。ガチャンと織れば、万単位の稼ぎがあがる、いわゆる「ガチャ万」景気がこれです。

それに追い討ちをかけるように二十五年の糸ヘンブームが到来。増産に増産をつづけても、その需要に追い付かないという活気に見舞われます。三十年には、戦前のピークであった最高生産高の一千万枚の水準に達し、電化製品か毛布かといわれるほどの成長製品に押し上げられます。

毛布が異常ともいえるブームを呼んだ理由は、ひとつには、軍隊や疎開での経験や進駐軍の放出毛布で、毛布の使いやすさ、暖かさが広く知られたことでしょう。また、戦後の洋風化が毛布の需要を生んだこともあるでしょう。しかし、このような外因だけでなく、泉州の努力も大きな原因のひとつです。

かつてのスフ毛布の技術を発展させて開発したスパン・レーヨン毛布が非常に安く、かつ純毛に近い肌ざわりであったこと、そして、プリント技術によって、新しい生活感覚にマッチした、カラフルな毛布が提供できたことも、大いに、評価しなくてはなりません。

-前のページに戻る-

日本毛布工業組合
〒595-0025 大阪府泉大津市旭町22番65号