泉州毛布の始まり

~昭和・現在~

昭和

栄光の座から、一挙に冬の時代の耐乏生活へ。

全国でゆるぎないシェアを占め、分業体制も着々と進めた泉州毛布は、昭和に入っても悠然と冬の時代を乗り越えていきました。
昭和二年の世界大恐慌、六年の満州事変、そして、九年には、瞬間風速六十mの室戸台風が関西を襲い未曾有の被害をもたらしましたが、泉州の毛布産業は、輸出市場と国内需要に支えられて、業績を伸ばしつづけます。

そのピークが昭和十一年。ちなみに、当時の産業規模は「織布工場二百五十余、紡毛工場十余、整理工場五、年額二千万円に及ぶ」と記されています。これは、同年、十九年の歳月と二千六百万円を掛けて現在の国会議事堂が完成したことと合わせて考えると、二千万円の年額の大きさが想像できるでしょう。

しかし、昭和十二年、盧溝橋事件で始まった日中戦争は、さしもの、好景気を誇った泉州毛布をも大きな混乱の渦に巻き込んでいきました。
戦禍は、英領インドやアメリカに頼っていた綿花の輸入の制限となって現れました。
綿毛布の代替品としてスフの混用が強制され、戦乱の長期化に伴って徐々に統制経済が強化されはじめます。昭和十三年には、綿花と羊毛の輸入量は、平年の半分以下となり、綿製品の製造・販売が規制されていきます。

国民生活も光のない時代に入り、十五年には、砂糖・マッチの切符制、家庭用燃料の登録制、乳製品の割り当て配給、十六年に入ると米穀・酒・塩・みその通帳制が行われます。十七年には、衣料が全面的切符制度となります。
衣料切符とは、一年に百点が与えられ、切符がなければ、いくらお金を持っていても物が買えない統制経済で、ちなみに、組毛布(二枚つづき)は四十点、毛布を買ってしまうと、もうその年は下着も靴下もガマンしなければならない時代でした。
そして、その衣料の主原料はスフ。泉州もスフ毛布一色に塗りかえられていったのです。

暗い時代にも、パイオニア精神は健在。

綿がスフに替わり、意気消沈する泉州毛布産業でしたが、開発や研究意欲まで息をひそめていたのではありません。むしろ、暗い時代に対して、反抗するように、旺盛なパイオニア・スピリットをたぎらせていたのです。

そのひとつは、プリント技術。ジャカードでは表現できない模様も、捺染なら自由自在に表現でき、毛布の需要を拡げられる、と考えたこと。
また、無地の生地をシーズンオフに織りだめしておき、シーズンに入るや、売れ行きを見た上で柄をつけようという、まさに画期的な技術開発でした。
厚手の毛布にプリントするため、思うように進まず、浸透剤や防染剤に苦心を重ねて、昭和十三年にやっと完成します。しかし、いざ、製品化という段になって、現実的に不可能という結果がでてしまいます。
それは、産業構造が完全な分業体制であるため、シーズン期には、加工工場に集中する毛布と持ち込む無柄の毛布がいっしょになって、収拾のつかない混乱が起こると予測されたからです。せっかくのプリント技術も、こういう訳で幻のプリントとなりますが、どっこい、このまま埋もれさせる泉州ではありません。戦後いちはやく、泉州毛布が活気づくのは、この技術が底流になっていたからなのです。

また、現在では、当たり前になっている防虫加工が開発され、本格化するのも、昭和十年頃です。
しかし、防虫加工は、日中戦争の拡大とともに、毛布の民間需要がなくなり、中断されてしまいます。泉州毛布産業が戦争の嵐に風前の灯火にさらされていた、ちょうどこの頃、逆に軍用毛布によって一息ついたのも事実です。軍用毛布の利益をそのままキープすることもできず、飛行機二機を献納したといいます。この飛行機は、「日本毛布号」「西日本毛織号」と命名され、活躍したとつたえられています。

疎開や復員兵によって広まった毛布の便利さ。

すべてを焼きつくし、破壊しつくして、突然に戦争は終わります。泉州の毛布産業も、六十年の伝統と栄光が共に灰燼に帰した昭和二十年、もう、だれもが再起不能と思いました。
しかし、幸運なことに、GHQからタイ向けに輸出毛布を受注したのをきっかけに、荒廃した設備は急速に整備され、離散していた人材は、再び泉州に戻ってきたのです。

そして、昭和二十四年、これまで統制品になっていた原毛などが、解除されると、おりしも衣料品不足の国民生活に、砂が水を吸い込むように、毛布が吸収されていったのです。ガチャンと織れば、万単位の稼ぎがあがる、いわゆる「ガチャ万」景気がこれです。

それに追い討ちをかけるように二十五年の糸ヘンブームが到来。増産に増産をつづけても、その需要に追い付かないという活気に見舞われます。三十年には、戦前のピークであった最高生産高の一千万枚の水準に達し、電化製品か毛布かといわれるほどの成長製品に押し上げられます。

毛布が異常ともいえるブームを呼んだ理由は、ひとつには、軍隊や疎開での経験や進駐軍の放出毛布で、毛布の使いやすさ、暖かさが広く知られたことでしょう。また、戦後の洋風化が毛布の需要を生んだこともあるでしょう。しかし、このような外因だけでなく、泉州の努力も大きな原因のひとつです。

かつてのスフ毛布の技術を発展させて開発したスパン・レーヨン毛布が非常に安く、かつ純毛に近い肌ざわりであったこと、そして、プリント技術によって、新しい生活感覚にマッチした、カラフルな毛布が提供できたことも、大いに、評価しなくてはなりません。

毛布の投げ売り合戦。好景気が招いた戦後最大のピンチ

好事魔多し、とはよく言ったもので、順風満帆に見えた泉州毛布産業界にも、好景気ゆえの魔がひそんでいました。

増産につぐ増産は、機械を増やし工場数を増やしていきましたが、これらの増えた工場はすべて、といっていいほど、家族の労働力に頼る、機械二、三台の零細下請工場。しかも、使われている織機は登録されておらず、生産計画の立てようもなく、混乱に拍車を招く結果に生んでしまいます。

昭和三十六年に五百台の無登録織機が三十七年には一千台、三十八年には二千台に増えていったと見られています。三十八年の登録織機が三千台ですから、三台に一台は無登録機というわけです。一台の織機の年間毛布生産量が約四千五百枚で、総生産数が二千五百万枚。当時の毛布総需要が二千万枚ですから、数字の上からでも深刻な過剰生産時代をみることができます。
それが表面化したのが三十八年の秋冬と三十九年にかけてです。

毛布は半値をきり、乱売合戦がくり広げられ、一方、工賃ダンピングは零細下請工場を直撃し、戦後最大の苦境を迎えるのです。

試行錯誤の中から生まれたアイデア毛布時代

生産過剰が原因で始まった業界の混乱を収拾するために、泉州毛布工業組合は無登録織機を認定し、登録織機を同じ労働条件、工賃が確保できるよう、仲間としての権利を与えました。そして、一方では強力な生産調整を行い、業界全体が協同して安定への道を求めたのです。
これまで、業者間の行き来も少なく、協調に欠けるといわれた泉州の毛布業界は、この無登録織機の認定という事件によって、初めて業者協調、協力の意味を知ります。

また、長時間労働にのみ頼っていた零細工場も、品質向上による適正工賃の重要性を認識したのです。

しかし、操業短縮や生産調整だけでは、この時代を乗り越えることはできません。必要は発明の母、といいます。
この時代に、商品の多様化が図られ、新製品が続々と生まれました。「電気毛布」「夏毛布」「子供毛布」「コタツ毛布」が市場に現れたのも三十年代の後半です。
毛布は寝具という概念を越えた「毛布丹前」「夜着」「茶羽織」「敷物」なども開発され、アイデアラッシュの様相を見せました。

こうした積極的な姿勢の中から、初めてテレビコマーシャルも打たれました。昭和三十八年十一月の出来事です。
あまり変化のなかった毛布の生産工程に、大きな変革が見られたのが三十六年のタフティング・マシンの導入です。

また、つづいて、キルティングやラッセルなどの新鋭設備が導入されたのもこの頃です。起毛技術も改良されています。毛布地を自動的に逆転させる方式や連結式の機械が生まれ、省力化に役立ちましたし、起毛加工技術では、毛布の風合いを向上させて、需要の拡大につながっていきました。

現在

布高付加価値時代迎え、新百年への決意も新た。

昭和四十五年、マイヤー毛布が開発され、これまでの織毛布・タフト毛布に代わる新しい毛布ジャンルを築きました。
また、加工面でも、風合いを生みだす表面加工技術、プリント技術が日進月歩の勢いで発達し、毛布の高付加価値時代の到来を告げます。

これを象徴するのが、四十六年の「紫毛布ブーム」です。六十年に一回やってくる辛亥の年に紫色の毛布が売れに売れました。泉大津の空、川、家屋までが、紫色に染まったというほどで、すべての毛布が紫に染め上げられ、四十六年の暮れには、泉大津から一切の毛布が消えていったといいます。

しかし、毛布は、すでに耐久消費材としていきわたり、消費需要は飽和状態で、高付加価値が認められない限り生産量の伸びは期待できません。

わが国で毛布が生まれて百十六年。暮らしの中にいきわたり、なじんだ毛布を、いま改めて手にする時、毛布と共に辛酸をなめた、私たちの先達の感動を思わずにはいられません。

そして現在、毛布メーカーは、高付加価値化、機能性、デザイン性を追求して、消費者ニーズに応えられるよう研究、開発をおこなっており、全国シェアー九十八%と日本唯一の毛布産地として発展し続けています。

泉大津の町を紫一色に染めた長寿毛布

泉大津の町を紫一色に染めた長寿毛布

毛布の種類と特長

種類と特長

泉州毛布の始まり ~明治・大正~

~明治・大正~